全銀「モアタイムシステム」で24時間即時振込サービス開始

2018年10月9日から、銀行の営業時間外でもリアルタイムでの即時振込が可能となる「モアタイムシステム」がサービス開始となりました。

今まで夕方や土日に他行へ振り込みをした場合、先方へ着金になるのは翌営業日の朝でしたが、このモアタイムシステムにより、24時間365日即時に入金されることになります。

今までも同一銀行間での振込の場合はリアルタイムでの振り込みが可能でしたが、2018年10月9日からは他行宛てへの振り込みの場合でも即時に反映されることになります。

ただし、この場合でも給与や賞与の送金は対象外となっていますので、給料日に日付が変わった直後の深夜にコンビニなどで引き出そうとしても反映されません。給与以外の1億円未満の送金が対象になっています。

試しに、深夜1時に「楽天銀行」から「スルガ銀行」へとネットバンキングで1万円を振り込んでみたのですが、20分後に確認した際には入金が反映されていました。もしかすると、数分程度で反映されていたのかもしれませんが、営業時間外の深夜に振り込んでもすぐに着金になるようです。

ここでふと疑問に思う点は、今までなぜ対応しなかったのか?という点です。

対応しようと思えば、技術的にも対応出来たはずですが、ようやく対応したのが2018年10月9日からです。銀行業界は役所並みに対応が遅い傾向がありますが、ユーザーの利便性を考えれば、すぐに対応するべきだったのではないかと感じています。

これまでペイパルのような個人間の送金はNGになった経緯がありますが、銀行業界の利益を守るため、利便性の高いサービスが潰されてきたものと感じています。一方で、銀行業界では一向に24時間即時振込には対応していなかったため、不思議でしょうがなかったのですが、ようやく対応する運びとなったようです。

MENU / ネット銀行は安全ですか? / 法人口座の開設 / メリットとデメリット / Pay-easy(ペイジー)とは? / 銀行取引の自動取り込み / ATM手数料を比較 / 給与振込扱い / スマホ・携帯アプリで便利 / 銀行カードローン / モアタイムシステム / 消費者金融