ネット銀行のメリットとデメリット

ネット銀行のメリットは、何よりも時間と手間がかからない点にあります。

例えば、日中は仕事で銀行に行けない人の場合でも、職場からスマホを使ってその場で振込をすることで時間と手間を節約できて便利です。現金の引出しについてはコンビニのATMを使い、振込や残高の確認に関してはネット銀行を使えば、実店舗の銀行へ行く機会はほとんどなくなることでしょう。また、明細の履歴につきましても、通帳を記帳しなくてもネット上でいつでも確認することができます。

加えて、都銀に比べて預金金利が高い傾向にあり、宝くじの購入などのサービスにも対応していることが多いです。宝くじや競馬、オートレースなどの公営競技についてはネット上から投票できますので、時間と手間がはぶけて便利です。

一方、デメリットはというと、高額な現金の取り扱いについては、やはり実店舗のある銀行を利用する方が便利です。

例えば、ネット銀行の場合は実店舗の窓口がないため、提携のコンビニATMなどを利用して出金する形になりますが、高額な現金を引き出す際には不便です。コンビニATMの場合、たいていは1度に50万円までの引出しが限度となりますので、もし200万円を引き出そうとした場合、4回に分けて引き出さなくてはなりません。

その際の手数料も4回分がかかってしまいますし、また、古い紙幣で出てきますので財布がかさんでしまいます。そういった場合、窓口のある銀行なら帯付きの紙幣で1度で出してくれますし、時間もそれほどかかりません。

これは入金の際も同じで、仮に1,000万円を入金しようとする場合、窓口のないネット銀行では不便といえるでしょう。

加えて、ネット銀行は、通常の銀行と比較すると利用できるサービスが制限されているケースもあります。

携帯電話などの民間サービスでは口座振替に対応しているケースも多くなってきましたが、税金関係や健康保険料、年金保険料の自動引き落としなど、ネット銀行では口座振替に設定できないこともあります。

特に、法人口座の場合、毎月の社会保険料や厚生年金の口座振替に設定できないケースもあり、公的機関ではまだネット銀行に対応していないことあります。このあたりが、ネット銀行のデメリットといえるかもしれません。

一方、安全性についてはフィッシング詐欺が多いのがデメリットともいえますが、その手口を理解し、銀行側で用意されているセキュリティー対策をしておけば、それほど心配することはないでしょう。

MENU / ネット銀行は安全ですか? / 法人口座の開設 / メリットとデメリット / Pay-easy(ペイジー)とは? / 銀行取引の自動取り込み / ATM手数料を比較 / 給与振込扱い / スマホ・携帯アプリで便利 / 銀行カードローン / モアタイムシステム / 消費者金融