銀行取引の自動取り込み機能

マネーフォワードなどの家計簿ツールを利用すると、銀行の取引履歴を自動で取得することができ、家計簿の管理が楽になります。また、銀行取引のほかにも、クレジットカードの取引履歴なども自動で集計することもできます。
https://www.private-business.jp/soft/mf-review.html

つまり、いちいち家計簿を自分でつけなくても済む時代になったわけですが、この点がクラウド・ネットバンキングを利用する大きなメリットとして、今注目を集めているポイントになります。

また、個人事業や法人の会計ソフトなどでも、取引履歴がネットバンキングの口座から自動で取得されてきますので、税務上の仕訳処理もほぼ自動化できるようになりました。このように、帳簿への記帳処理が自動化されるようになると、税理士の仕事も今後は少なくなっていくことでしょう。

ただし、銀行の取引情報が自動で取得されますので、その安全性については懸念があるかと思います。ネットバンキングで自動取り込みの設定をするにあたり、ログイン情報やパスワードの登録は必須になります。銀行の大切なログイン情報やパスワードを登録しておいても大丈夫なのだろうかという懸念が出てくると思います。

この点に関しましては、「振込に関するパスワード」と「ログインに関するパスワード」はそれぞれ別々に設定されているかと思いますので、例え、自動取り込みに必要なログインIDとパスワードが第三者に流出したとしても、それ自体ではお金のやり取りが発生することはありません。

一番大切なのは、振込に関するパスワードになりますので、この情報さえしっかりと管理しておけば、ログイン情報などを登録していても特に問題はないでしょう。

「金融」と「IT技術」が融合したフィンテックとは?

このような銀行の取引履歴の自動取り込み機能のように、金融とIT技術が合わさって、さまざまな革新がなされていますが、欧米では「フィンテック」と呼ばれて注目が集まっている分野になります。これは「Finance」と「Technology」が合わさった造語ですが、金融分野でもIT技術が応用されることにより便利なサービスが次々に出現しております。

クレジットカード会社と銀行が連携して、カードを持ち歩かなくても指紋認証のみでカード決済ができたり、あるいは仮想通貨の分野においてもIT技術がいたるところで応用されており、今後もフィンテックの分野で便利なサービスが出現してくることが予想されております。

このフィンテックの代表ともいえるのが、会計ソフトと銀行口座の連携によるクラウド会計といえます。利用されたことがない方は、一度お試しになってみることをおすすめします。

MENU / ネット銀行は安全ですか? / 法人口座の開設 / メリットとデメリット / Pay-easy(ペイジー)とは? / 銀行取引の自動取り込み / ATM手数料を比較 / 給与振込扱い / スマホ・携帯アプリで便利 / 銀行カードローン / モアタイムシステム / 消費者金融